販促情報
June 2019

6月

販促のヒント

ライフスタイル
平年より7日遅く、沖縄が梅雨入りしました。全国的にも今年は少し梅雨入りが遅れることが予想されています。
雨が降ると買い物に出るのが億劫になったり、大きくて重い青果の購入を躊躇ったりといった心理になりがち。そんな気分を吹き飛ばすような、気分が上がるサービスや企画があると買い物が楽しくなりそうです。

   旬の市場
食品ロス削減推進法が成立。
求められる生産・流通・小売の現場での対応


今回は、野菜は野菜でも「食べられなかった野菜」のお話です。

2018年3月の販促情報でも紹介しましたが、2017年から2018年にかけ、食品ロスに関する取り組みが活性化し、2019年5月24日、ついに日本でも食品ロス削減推進法が参議院本会議において全会一致で可決・成立されました。同法では今後、政府が基本方針を策定することを求め、地方自治体は基本方針を踏まえた削減推進計画を策定・実施を要請しています。また、「食品ロス削減月間」が10月に設けられ、食品ロスの削減に関する理解と関心を深めることを目指していきます。

食品ロスを減らすためには生産の現場はもちろん、流通の段階での対策も求められますが、有効な対策のひとつとしてフードバンクの存在があります。ロスとなる食品をそのまま廃棄せず、食品を必要としている人や団体に活用してもらうものです。

食品としてつくられたものであれば、できるなら同じ食品に再利用され、最後までキレイに食べてもらいたいもの。食品ロス削減推進法でも、食べることができる食品については、廃棄することなく、できるだけ食品として活用するようにしていくことが明記されています。

それでもロスが生まれてしまった時の対策として求められるのがリサイクルです。なお、食品のリサイクルに関してはすでに食品リサイクル法が2001年施行されています。
実際にどのように食品がリサイクルされているかというと、飼料や肥料が主流になりますが、今回、ちょっと珍しい野菜の再利用方法をご紹介します。

それが、「着る野菜」ともいえる「FOOD TEXTILE」(フードスタイル)です。
フードスタイルは、廃棄予定の野菜や食材を染料として活用するプロジェクトブランドで、繊維専門商社である豊島株式会社と食品企業、コラボレーション企業の3社による、ファッション業界から食品廃棄物を再活用するプロジェクトです。

具体的には、廃棄された野菜や食材を特別な技術で染料化し、衣料品などに活用していきます。トマトや紫キャベツなど、野菜であった時の色味が美しいものはその風合いをそのままに、レタスなど淡白な色合いでも柔らかな色味を残しています。

商品名とともに表示される「カラー」には、ブルーベリーや紫キャベツ、小松菜、ドリップコーヒーなど食品名が並び、ちょっと不思議な感じになっています。

食品ロス削減推進法の成立により、ますます注目が高まっていく食品ロス問題。 恵方巻きなど季節のイベントごとに発生する廃棄の問題はすでにニュースでも取り上げられ、多くの人の関心を寄せています。

環境への意識が高い購買層は、その企業がどのような取り組みをしているかを、商品選定の基準のひとつに取り入れていきます。現場レベルの小さな取り組みであっても、企業の姿勢を消費者に見せることは企業イメージの向上のチャンスと言えるでしょう。


【参考】
食品ロスの削減の推進に関する法律案の概要 http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/housei/ pdf/198hou8siryou.pdf/$File/198hou8siryou.pdf


衆議院 食品ロスの削減の推進に関する法律案 http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/
houan/g19805008.htm



今月のレシピ

 

豚しゃぶのせ冷やし中華

 
いつもの冷やし中華ではちょっと飽きたな、卵やハムの変わりにたんぱく質も摂りたいけれど、さっぱりと食べたいな、というときにおすすめです。生姜のアクセントを効かせた簡単レシピで、暑い夏を乗り切りましょう☆

とっておきのレシピへ

昨年の売り上げベスト3 

                *金額ベース
  1. 佐藤錦(山形、秋田、福島)
  2. すいか(千葉、新潟、熊本)
  3. ふじりんご(青森)
  1. 胡瓜(福島、群馬、宮崎)
  2. ブロッコリー(長野、北海道、長崎)
  3. たまねぎ(佐賀、栃木、兵庫)


浜印 金港青果株式会社
〒221-0053 横浜市神奈川区橋本町1丁目1番地
TEL:045-459-3620(管理部)FAX:045-459-3663(管理部)