販促情報
February 2019

2月

販促のヒント

ライフスタイル
猛威を振るったインフルエンザも落ち着きを見せ始めていますが、以前として体調不良には注意、警戒が必要な時期です。体調管理にはバランスの良い食事が必須。食事の面からの強い身体づくりを進めていきましょう。

   旬の市場
男性も4割がやっている「作り置き」


共働き世帯が増え、調理にかける時間が短くなっている現在。短時間で食卓を彩るための工夫であり、品数を増やすための工夫として、「作り置き」は必須となっています。

フィールド・クラウドソーシング事業を展開するソフトブレーン・フィールド株式会社では、時間短縮に欠かせない「作り置き」について調査を実施。現代の作り置き事情が判明しましたので、こちらで紹介します。

調査ではまず、直近1年間で作り置きをしたことがあるかを質問。
半数を超える52.8%の方が作り置きをしていました。さらに、そのうちの38.9%が毎週の頻度で作り置きをしていました。
なお、経験者は女性6割、男性でも4割を超える方が作り置きをしており、多くの方が常備菜とは言わないまでも、なんらかの作り置きをしていることが判明しました。

作り置きをするのは主に副菜です。1位の副菜69.5%に続き、2位が主菜の38.8%。3位にカレー―などの煮込み料理が35.5%でランクインし、野菜の下ごしらえは4位ながらも25.8%とかなり減ってきます。野菜に関してはカットすると痛みが早いこと、スーパーなどでカット野菜が売られているため、使用する人はそちらを利用するのかもしれません。

「作り置きをする際に心がけていること」では、

・他の料理にアレンジできるようにする
・時間が経つと馴染む味付けにする
・野菜不足を補える副菜を多めに作る

が29~28%とほぼ同等で並びました。
なお、その内容として「きんぴらやひじきの煮物」、「ピクルス」など、野菜系の料理がコメントとして寄せられているそうで、野菜料理の作り置きが多いことが推測できます。

なお、過去にもこの販促情報で紹介した「無限ピーマン」や「無限にんじん」「無限ナス」などの「無限レシピ」などは、簡単なうえ、作り置きにも適しているため、人気が広がったと言えそうです。

レシピ提案をする際には、作り置きしやすいもの。また、作り置きをすると味が染みるなどして美味しくなるもの。そして、他の料理にアレンジできるものなどをピックアップし、アレンジレシピも一緒に提案するとよさそうです。

【アンケート概要】
実施:ソフトブレーン・フィールド株式会社
期間:2018年10月26日(金)~10月29日(月)
対象:「マルチプルID-POS購買理由データPoint of BuyⓇ」(以下POB)アンケートモニター(n=3,974名 男女40代~50代中心)
https://www.sbfield.co.jp/press/20181130-13537/



今月のレシピ

 

酢ハス

 
シャキシャキの歯ごたえのレンコンを、甘酢で漬けました。 お酢に漬け込みますので日持ちが良い一品です。 

とっておきのレシピへ

昨年の売り上げベスト3 

                *金額ベース
  1. とちおとめ苺(栃木、茨城)
  2. 普通みかん(静岡、佐賀、和歌山)
  3. サンふじ(青森、岩手、秋田)
  1. 胡瓜(宮崎、高知、群馬)
  2. キャベツ(愛知、神奈川、静岡)
  3. ぶなしめじ(長野、山形、新潟)


浜印 金港青果株式会社
〒221-0053 横浜市神奈川区橋本町1丁目1番地
TEL:045-459-3620(管理部)FAX:045-459-3663(管理部)